京都皮膚科医会の活動

ホーム > 皮膚科医会の活動報告

皮膚科医会の活動報告

京都皮膚科医会共催のもの

  1. 平成30年9月13日(木) 19:00~ ホテルグランヴィア京都
    京都皮膚科医会ざ瘡セミナー
    「ざ瘡症例検討会」
    演題「供覧- ざ瘡と毛包炎に治療症例」
    なかい皮ふ科 院長 中井 章淳先生
    演題「ざ瘡と鑑別を要する疾患」
    小川皮フ科医院 院長 小川 純己先生
    演題「ステロイド内服が有効であった電撃性酒さの1例」
    京都大学大学院医学研究科 皮膚科学 伊賀 那津子先生
    演題「集簇性ざ瘡の1例」
    京都府立医科大学大学院医学研究科 皮膚科学 助教 和田 誠先生
    特別講演 「開業医におけるざ瘡治療」
    皮ふ科・神経内科 白崎医院院長  白崎 文朗先生
    共催:京都皮膚科医会、株式会社ポーラファルマ
  2. 平成30年9月20日(木) 17:00~  京都府立医科大学本部棟3階
    「第1回地域連携カンファレンス」
    主催:京都府立医科大学附属病院 後援:京都府医師会 京都皮膚科医会
  3. 平成30年10月4日(木) 18:00~  京都ブライトンホテル
    ドボベットゲル発売記念講演会
    特別講演1「在宅医療における褥瘡ケア(仮)」
    札幌皮膚科クリニック院長 安部 正敏先生
    特別講演2「乾癬における外用療法の最適化とビタミンD3とステロイドの配合剤のポジショニング」
    名古屋市立大学 大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科学教授 森田 明理先生
    主催:レオファーマ株式会社/ 協和発酵キリン株式会社 後援:京都皮膚科医会
  4. 平成30年10月25日(木) 18:50~  京都ホテルオークラ
    第11回京都こどもの皮膚病カンファレンス」
    特別講演1「 未定 」
    名古屋医療センター 小児科医長 二村 昌樹先生
    特別講演2「アトピー性皮膚炎の予防と治療の考え方~角層pHのお話から日常診療まで~」
    大分大学医学部 皮膚科学講座 教授 波多野 豊先生
    共催:京都皮膚科医会 マルホ株式会社 後援:京都小児科医会
  5. 平成30年11月11日(木) 13:30~  京都府立医科大学図書ホール
    「皮膚の日」講演会
    もっと知りたい皮膚のこと
    講演
    ①「皮膚が語るあなたの健康 ~皮膚は内臓の鏡です~」
      松井 美萌(医仁会武田総合病院 皮膚科部長)
    ②「進歩する皮膚科治療 ~アトピー性皮膚炎、じんま疹、乾癬など~」
      十一 英子(京都医療センター 皮膚科医長)
    皮膚の病気の相談タイム(会場にて)
    皮膚科専門医による無料相談コーナー
    共催:京都皮膚科医会、日本皮膚科学会京滋地方会、京都府医師会、京都市、 日本臨床皮膚科医会、日本皮膚科学会、マルホ株式会社、常盤薬品工業株式会社
    後援:厚生労働省、日本医師会、NHK、京都新聞社、KBS京都
  6. 平成30年11月15日(木) 19:00~  京都ブライトンホテル
    京都皮膚科医会学術講演会
    京都皮膚バリア2018 ~保湿剤の適正使用を目指して~
    講演1「効果とアドヒアランスを高める保湿剤の使い方」
    東京女子医科大学 皮膚科 准教授 常深 祐一郎先生
    講演2 「ヘパリン類似物資の適正使用」
    NTT東日本関東病院 皮膚科部長 五十嵐 敦之先生
    共催:京都皮膚科医会 マルホ株式会社

その他皮膚科関連学会など

  1. 平成30年9月15日(土) 滋賀医科大学
    第457回京滋地方会

  2. 平成30年10月27日(土)~28日(日) 大阪国際会議場
    第69回日本皮膚科学会中部支部学術大会 近畿大学 川田 暁

  3. 平成30年11月25日(日) ピアザ淡海
    第34回日臨皮近畿ブロック総会 段野貴一朗


ページTOP